遊舎工房 夏の自作キーボード祭り 開催中! 複数のキャンペーンを実施していますので、ぜひご参加ください!



DUMANG DK6 Ergo メカニカルキーボード76キー

通常価格 ¥55,660

税込

概要

キー一つ一つにマイコンが仕込まれており、専用のベースボードの上に自由に配置して様々なレイアウトを即座に試すことができるキーボードです。
ベースボードをPCにつなぎ、配置したいキーをベースボードに置いて専用のWindows用ソフトウェア(DUMANG APP)でキーを割り当てるだけですぐにキーボードとして使えます。
また、キー一つ一つのマイコンにキーの役割(キーコード)やLEDの発光色を記憶させる事ができるため、状況に応じて即座に取り外したり付け加えたりすることもできます。

キーの一つ一つは強力な磁石でベースボードにくっつくため、打鍵の衝撃やベースボードを移動した程度でズレることはありません。
キーはソケットによって簡単に取り外し可能なので、お好みのキースイッチに差し替えて使用することができます。(スイッチは3ピン仕様のものを使用する必要があります)

こちらのDK6 Ergoは親指部分に多くのキーを配置できるエルゴ形状(186mm×154mm)のベースボード2枚とキースイッチを挿して使用するソケットが76個含まれています。
ベースボードは38個のキーを置いてもスペースに十分な余裕があるため、様々なレイアウトを試すことができます。

ベースボードの底面にある丸い足は、引っ張りながら捻ることによって6つのチルトポジションに設定可能です。

ベースボードとPCはUSB Type-Cで接続します。
分割キーボードとしてベースボードを2枚使用する場合はUSB Type-Cを接続するUSBポートが2つ必要となります。

1枚のベースボードが認識できるキーの数は最大44個です
45個目以降のキーを使いたい場合、ソフトウェアの設定にある「Overload」モードをオンにすると認識できるようになりますが、安定しなくなる可能性があります。
キーを置きすぎると認識されなくなりますが、その場合キーの数を減らしてからベースボードをPCから外して再度接続してください。

同梱のキーキャップは104英語キーボードのものがそのまま入っているため、使わないキーのキャップも含まれます。

現時点(2022/04/23)で設定ソフトはWindows版のみ※で、ソフトウェア上で表示されるキー配列は英語配列です。
※MacOSでも設定が不可なだけで使用は可能です。
日本語キー配列とは一部の記号等の表示が異なりますが、入力自体は問題なく行えます。

    同梱物

    • DK6 Ergoベースボード × 2
    • キーソケット × 76
    • キースイッチ × 76(Kailh BOX スイッチ 赤軸 (リニア約45g)
    • キーキャップ(白)
    • キーキャッププラー(キーキャップ引き抜き工具)
    • キースイッチプラー(キースイッチ引き抜き工具)
    • 消しゴム(ベースボードが汚れたときにお使いください)
    • USB Type-Cケーブル × 2
    • 説明書

    関連ページ

    スタッフメモ

    一つ一つのキーにマイコンが仕込まれており、ベースボード上なら自由自在にキーを動かすことができる、かなりユニークなキーボードです。
    自作キーボードでは日夜新しいレイアウトのキーボードが生み出されていますが、このDUMANGを使用することでキーキャップを並べるような手軽さで新しいレイアウトのキーボードを「使用する」事ができます。
    この「使用する」ことはかなり重要で、実際に使用することでキーレイアウトの試行錯誤が促進され、自分の求めているキーレイアウトを楽しみながら練ることができるでしょう。

    また、このDumangは意外なほど打鍵感が良いのもポイントです。
    ベースボードはアルミ削り出しで重量感があり、キーも磁石で強力に貼り付いている影響でしょう。
    付属するKailh BOX スイッチ 赤軸も十分に打ち心地が良いスイッチなのですが、ソケット方式を採用しているためキースイッチも自分の好みのものに簡単に変更できます。
    キーレイアウトの試行錯誤用途に留まらず、そのままキースイッチやキーキャップを好みのものに変えながら使い続けても満足できると思います。

    注意点としては、ベースボードの金色部分にキーの裏側のピンが触れてキーを認識するので、ベースボード金色部分に金属部品を当てたり、水滴が付いてしまうとキーボードとして使用できません。
    ※ショートして壊れてしまうわけではなく、安全装置が働いて機能を自動で停止します。

    アニメーション機能等はありませんが、全てのキーにフルカラーLEDを搭載し、一つ一つの発光色を変更できるので自分好みのライトアップにすることもできます。
    DK6 Ergoはキーに加えてベースボードのロゴも発光します。

    キーソケットは約19mmの1uサイズと1.25uサイズの2種類があります。
    1.5u以上のサイズのキーソケットは有りませんので、1.5u以上のサイズのキーを並べる際は自分でクリアランスを調整しつつベースボードに並べてください。
    また、2u以上のサイズのキーに使用するスタビライザーは使用できませんのでご注意ください。

    DK6と比較して値段が高くベースボードの面積が小さいように見えてしまいますが、実際に使うシーンを考えてコレで十分である場合はこちらのほうがスペース効率が良いです。
    手のひら部分にベースボードが来ないので、打鍵自体はしやすいです。

    非常に多くの特徴があるために長文となってしまいましたが、自作キーボードにおける様々なレイアウトの試行錯誤を楽しむ用途や、用途ごとに付け足したり組み替えて状況ごとに最適なキーレイアウトで使用したり、あなたの想像力次第で様々な使い方ができるユニークなキーボードです。